頑張っても司法書士にはなれなかった

ガレージへの車庫入れ

 

社会人になったばかりの僕は、車の運転がひどく不安定でした。
というものの、いわゆるペーパードライバーだったからです。ここに掲載されているガレージにお越し下さい。

 

 

営業職についた僕は、ようやく運転する機会に恵まれました。しかし、運転は殆ど高速道路専門です。評判のいいガレージ 販売へご連絡下さい。

 

高速道路は、最初は恐ろしいと思うにせよ、慣れてくると直線ばかりなわけですから、
1番簡単な運転と言っても問題ないように思います。このサイトで評判のガレージハウスの資料をご覧ください。

 

車線変更だって、嫌ならしなければいいわけですから。このサイトでガレージキットのHPをご覧ください。

 

 

そんな僕に試練がやってきました。
取引先の社長の自宅に招かれ、上司と訪問することになったのです。
助手席に上司。このシチュエーションは、緊張するものです。お調べになる際には車 ガレージのサイトをご覧ください。

 

 

社長宅はそれは立派な家であり、庭があり、そしてガレージがありました。
真っ赤なBMWが止まっており、そして、僕はその横に駐車することになりました。

 

初心者にとっては、この駐車がいかんともしがたく難しい。
窓の外には社長、高級外車、隣には口うるさい上司。

 

僕の足は震えていました。ものすごーくゆっくりと駐車しました。
大丈夫か、おい、大丈夫なのか! と上司の焦る言葉が、僕を刺激します。

 

なんとか無事に駐車することが出来ました。
ものすごくホットしました。

 

ホッとしすぎて、帰りにスピード違反で捕まった、思い出の日でした。